RUbyロゴ このサイトはオープンソースソフトウェアのオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」を用いて構築されています。

電子入札システムの操作について

申請書/入札書等の提出に必要な資料を添付しているにも関わらず、提出する
際に【C¥fakepath¥・・・】のようになり、ファイルパス情報が消失し提出ができない。

コントロールパネルのインターネットオプションのセキュリティ設定から信頼済サイトへ下記URLを追加してください。
https://choutatsuweb.pref.shimane.lg.jp/*

電子入札入口でログインしようとPIN番号を打つが、画面が切り替わらずに電子入札システムへ入ることができません。

ポップアップブロックが有効になっている可能性があります。ポップアップブロックの無効設定をお願いします。
「コントロールパネル」-「インターネットオプション」プライバシータブのポップアップブロックの「ポップアップブロックを有効にする」のチェックをはずしてください。

画面表示が崩れています。

インターネットエクスプローラの互換表示設定をお願いします。
インターネットエクスプローラを立ち上げて、「ツール」-「互換表示設定」を選択します。追加するWebサイトに「shimane.lg.jp」を追加してください。

見積書提出意思確認書を提出したいのですが、案件一覧画面の受領確認/見積書提出意思確認書の提出欄に【提出】ボタンが表示されていません。

見積書提出意思確認書の提出受付期間外である可能性が考えられます。
案件名をクリックして表示される案件概要画面にて、見積書提出意思確認書受付開始日時等、提出受付期間をご確認ください。

設計書等、案件に関する質問を電送で行う場合、どのように操作したらよいでしょうか?

電子入札システムの「質問回答」機能を利用します。

一般競争入札参加資格確認申請書受付票/技術審査資料受付票が到着したとのメールが届いたが、入札状況一覧画面の「受付票/通知書一覧」欄に【表示】ボタンが出ていない。

入札書提出より前の操作は、入札状況一覧画面ではなく案件一覧画面で行います。システム画面左側にある【案件検索一覧】ボタンをクリックし、案件一覧画面に切り替えてください。

入札書画面でくじ番号入力欄がありますが、何の数字を入力したらよいでしょうか?

くじ番号入力欄が表示されている場合、入力は必須です。000から999までの数字で任意の半角数字3桁を入力してください。電子くじ機能の詳細については「電子くじについて」ページをご確認ください。

入札書の提出期間になりましたが、該当する案件の【入札書提出】ボタンが表示されていません。

案件一覧画面を開いていませんか?
入札書の提出以降の操作については、入札状況一覧画面にて行う必要があります。案件一覧画面を開いている場合は、【入札状況一覧】ボタンを利用して入札状況一覧画面に切り替えてください。

見積書提出意思確認書を提出して案件一覧画面に戻ったところ、受領確認/見積書提出意思確認書の再提出欄に【再提出】ボタンが表示されましたが、再提出する必要はありますか?

見積書提出意思確認書を提出すると、見積書提出意思確認書の提出締切時刻前まで、もしくは発注者から見積書提出意思確認書受付票が発行されるまでの間は【再提出】ボタンが表示される仕様になっています。提出意思に変更が生じた場合などは【再提出】ボタンより再提出を行うことができますが、そうでなければ見積書提出意思確認書受付票の発行をお待ちください。

再入札になりましたが、入札状況一覧画面で該当する案件の【入札書提出】ボタンが表示されていません。

再入札書の提出期間にならないと【入札書提出】ボタンは表示されません。再入札通知書で再入札受付開始予定日時等を確認してください。

入札書提出後、入札状況一覧画面の「受付票/通知書一覧」欄に【表示】ボタンと「未参照有り」の表示が出ていますがどうしたらよいでしょうか?

未確認の受付票または通知書があります。【表示】ボタンをクリックし、入札状況通知書一覧画面で未参照となっている受付票または通知書を開いてご確認ください。
未確認の受付票または通知書を開いて確認することで「未参照有り」の表示は消えます。

入札締切時間を過ぎていますが、入札締切通知書が届いていません。

入札締切通知書は発注者が操作を行わないと発行されないため、発行作業が行われていない可能性が考えられます。開札前までには発行される通知書となりますので、発行されるまでお待ちください。

(PIN番号入力後のエラー)「APPLET-CRITICAL・・・・03001デバイスが使用できません。」
「APPLET-CRITICAL・・・・03001デバイスエラー」

カードリーダーがパソコンに認識されていない可能性があります。カードリーダーのケーブルの抜き差しを行い、差し込んだ状態でパソコンの再起動を行ってください。
それでもなお同様のエラーメッセージが出る場合は、カードリーダーのインストール状況に問題のある可能性があるため、ご利用の認証局にお問い合わせください。

(PIN番号入力後のエラー)「APPLET-CRITICAL・・・・03002ログインに失敗しました。」

PIN番号の誤入力、ICカード・ICカードリーダーの動作不具合が考えられます。
PIN番号にアルファベットが含まれている場合、大文字小文字を正しく区別して入力しているか(連続誤入力によるICカードの閉塞にご注意ください)、 ICカードはしっかりとカードリーダーに挿し込まれているかをご確認ください。また、ご利用の認証会社から提供されている動作確認ツール等で、動作確認を行ってください。動作確認の方法や動作状況についてのご不明な点はご利用の認証会社にお問い合わせください。

申請書/入札書提出時に「APPLET-CRITICAL-xxxxxxxx-19999」エラーが表示される。

添付するファイルにおいて、容量が大きなファイルを添付する場合、ご使用のクライアント環境によって上記のエラーが表示される場合があります。

1.[スタート]→[コントロールパネル]を開き、[Java]のアイコンをダブルクリックします。
2.[Java]タブから [Java Runtime Environment]の [表示(V)]をクリックします。
3.[Java Runtime Environment設定]より、[ランタイムパラメータ]欄内に「-Xmx128m」と入力し、了解をクリックします。
※これで解決しない場合はパラメータを「-Xmx256m」に設定してください。

案件一覧画面や入札状況一覧画面の「企業プロパティ」欄の【変更】ボタンとは何ですか?

参加中の案件に対して、それ以降の連絡先情報(連絡先メールアドレスや連絡先電話番号等)を変更する場合に使用する機能です。
「企業プロパティ」欄の【変更】ボタンにて連絡先情報の変更を行っても、ICカードに登録した利用者情報は変更されません。

入札状況一覧画面の状況欄の【表示】ボタンとは何ですか?

状況欄の【表示】ボタンをクリックして表示される作業状況確認画面で案件の進捗状況を確認できるため、特に開札時において有用な機能です。
さらに、開札処理に時間がかかっている場合においては、発注者が入札参加者への連絡事項を登録した場合に、作業状況確認画面の作業状況欄でその内容を確認することができます。(連絡事項を登録していない場合には、作業状況欄は空欄です)

入札書の確認画面で【入札書提出】ボタンをクリックし、【OK】をクリックしたところ、「サーバと通信中です」のボックスが出続けたまま入札書受信確認通知画面に切り替わりません。

「サーバと通信中です」のボックスを含めて開いている画面を全て閉じてインターネットエクスプローラーの再起動からシステムにログインし直してください。
入札状況一覧画面で【入札書提出】ボタンが出ている場合は再度入札書提出の操作をやり直してください。【入札書提出】ボタンが出ていない場合は入札書受付票が届いているかどうかを確認してください。
入札書受付票が確認できれば入札書の提出は問題なく行われていますので、入札書受信確認通知画面の確認や印刷ができていなくても問題ありません。

指名競争入札の案件における指名通知書は発行されていましたが、システムから指名通知書到着のお知らせメールが届いていません。

電子入札システムでは発注者より指名通知書が発行されると、利用者登録の際に登録した代表窓口情報の連絡先メールアドレスに自動的にメールが送信される  
仕組みになっています。以下の対処を行ってください。  
1 利用者登録の変更を行い、連絡先メールアドレスとして2箇所あるうちの「代表窓口情報」の連絡先メールアドレスを確認してください。アドレスが正しくない 
 場合には、メールアドレスの修正を行ってください。 
 ※利用者登録の際に入力するメールアドレスは、「代表窓口情報」と「ICカード利用部署情報」と2箇所ありますが、指名競争における指名通知書到着の 
  お知らせメールは「代表窓口情報」の連絡先メールアドレスに送信されますのでご注意ください。 
2 登録したアドレスに間違いのない場合には、以下の原因が考えられますので確認してください。 
 -1 登録したメールアドレスの受信メールボックスの容量がオーバーしていて新規メールが受信できない
  ※ご利用のメールソフトにて受信メールをサーバに残す設定にしている場合は特にご注意ください。
  また、受信メールをサーバに残さない設定にしている場合でも、添付ファイル等で大きなサイズのメールを何通も受信すると
  メールボックスの容量をオーバーしてしまうことがありますのでご注意ください。
 -2 プロバイダやウィルス対策ソフトの迷惑メール対策機能の設定等により迷惑メールとして振り分けられている
  ※迷惑メールを削除する際には、必要なメールまで削除することのないよう十分にご注意ください。
  またプロバイダによっては、利用者が迷惑メールを受信しなくてすむようにメールサーバで削除や隔離を行う場合があります。サービス内容等をプロバイダに
  ご確認いただき、システムからのメールが迷惑メールとして誤認識されないような対処をお願いします。
 -3 ご利用のプロバイダのメールサーバ等の不具合

画面上部の時計が表示されない。

・Java.policyファイルの設定が正しく行われていない可能性があります。
 もう一度設定内容を確認し、パソコンを再起動してから再度ログインして下さい。

・「利用者登録」に入った後に「電子入札システム」に入った場合、または「電子入札システム」に入った後に「利用者登録」に入った場合、時計が表示されません。
 その場合は一旦ブラウザ(Internet Explorer等)を全て終了させ、再度ブラウザを起動し「電子入札システム」に入って下さい。
 ブラウザを終了しても時計が表示されない場合は、パソコンの再起動を行って下さい。

入札書提出内容確認において、ローカルのファイルを追加し「表示」ボタンをクリックしても表示されない。

WindowsXP SP2(IE6SP1)からの仕様変更による。
詳細は、「 http://support.microsoft.com/kb/436868/ja 」を参照してください。

競争参加資格申請書の提出確認時に、「Yahoo!ツールバー個人情報送信時の確認ダイアログ」が表示される。

(1) 一旦、「通信中ダイアログ」を画面の端に移動させ、「Yahoo!ツールバー個人情報送信時の確認ダイアログ」を操作できるようにする。
(2) 「Yahoo!ツールバー個人情報送信時の確認ダイアログ」内の、「このサイトでは次回以降確認画面を表示しない。」にチェックを入れて、「送信ボタン」を押下する。

見積書の提出確認時に、「MicrosoftVisualC++RuntimeLibraryダイアログ」が表示された。

(1) 「Microsoft Visual C++ Runtime Library ダイアログ」のOKボタンを押下。(場合によっては、2回程度再表示されるので繰り返す。)
(2) すべてのブラウザを閉じた後、再度電子入札システムにログインする。

「古いクライアントソフトが使われています」というメッセージが表示されます。

電子入札システムでは新暗号化方式への移行が予定されていますが、ICカード認証局の旧バージョンソフトウェアは従来暗号方式にしか対応していないため、メッセージが表示されます。
「古いクライアントソフトが使われています」というメッセージが表示された場合でも現時点ですぐに電子入札システムで利用できなくなるわけではありません。[OK]ボタンを押下していただき、引き続き電子入札システムをご利用ください。
将来的にはバージョンアップが必要となりますので、旧バージョンのソフトウェア利用している場合は最新版のソフトウェアへのバージョンアップをお願いいたします。

PIN(暗証番号)を入力後、「ログインに失敗しました。APLET-CRITICAL 01400205-10048」と表示されます。

ポップアップブロック機能によるものです。2つの原因が考えられます。
1.InternetExplorerのポップアップブロックを無効化します。
2.「Yahoo」「MSN」「Google」等のツールバーをアンインストールしてください。

PIN(暗証番号)を入力後、「ログインに失敗しました。APLET-CRITICAL 01400209-19999」と表示されます。

ポップアップブロック機能によるものです。2つの原因が考えられます。
1.InternetExplorerのポップアップブロックを無効化します。
2.「Yahoo」「MSN」「Google」等のツールバーをアンインストールしてください。

PIN(暗証番号)を入力後、「ログインに失敗しました。APLET-CRITICAL 01403504-19999」と表示されます。

java.policyファイルの設定が反映されていないか、java.policyファイルの設定が実施されていないか、java.policyファイルに設定した発注機関のURLに誤りがある可能性があります。
詳細はICカード購入した認証局へお問い合わせください。

質問回答を行いたいがボタンが効かない。

InternetExplorerの互換表示設定を行ってください。
InternetExplorerの「ツール」-「互換表示設定」に「shimane.lg.jp」を追加してください。

電子入札システムの画面が開かず、先に進めません。「このWEBページに問題があるため、InternetExplorerのタブを開き直しました。」を表示されます。

InternetExplorerの互換表示設定を行ってください。
InternetExplorerの「ツール」-「互換表示設定」に「shimane.lg.jp」を追加してください。

電子入札システムに接続すると、「Java(TM)は最新のものではなく更新が必要なためブロックされました」というメッセージがでます。

InternetExplorerの互換表示設定を行ってください。
InternetExplorerの「ツール」-「互換表示設定」に「shimane.lg.jp」を追加してください。

電子入札システムに接続すると、時刻が表示されるべき場所に「Plugin tag OBJECT or EMBEC not supported by blowser」と表示されます。

2つの原因が考えられます。
1.32bit版のInternetExplorerをお使いください。
2.JavaPlug-inを有効にしてください。
 ・InternetExplorerの「ツール」-「アドオン管理」の画面を開く。
 ・「表示」を[すべてのアドオン]にしてください。
 ・Javaから始まるアドオンが[無効]になっている場合は右クリックし[有効にする]を選び、すべて[有効にする]の状態にしてください。

電子入札システムに接続すると、「セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション」というメッセージが表示されます。

1.「コントロールパネル」から「Java」を実行し、「Javaコントロールパネル」を開いてください。
2.「セキュリティ」タブのセキュリティレベルを「中」または「標準
」(一番下のセキュリティレベル)に変更します。「適用」、「OK」と順にクリックします。

電子入札システムに接続すると、画面上部に時刻表示が表示されません。

java.policyファイルの設定で発注機関のURLが間違っている可能性があります。
URLは「https://choutatsuweb.pref.shimane.lg.jp/」となります。

InternetExplorerが突然閉じてしまいます。

「Yahoo」「Google」「MSN」等のツールバー及びInternetExplorer以外のブラウザを使用している可能性があります。
ツールバーのアンインストールとInternetExplorerのご利用をお願いします。

戻る