RUbyロゴ このサイトはオープンソースソフトウェアのオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」を用いて構築されています。

ICカードについて

ICカードの予備を用意しておきたい。同じ名義人で複数のICカードを購入し、電子入札システムで利用することができるのか?

同じ名義人で複数のICカードを購入し、電子入札システムで利用することが可能です。しかし、かならずそれぞれのカードで電子入札システムに利用者登録を行ってください。

どこの認証局のICカードを選択したらいいか分かりません。自治体が推奨する認証局を教えてください。

認証局の選択は、認証局ごとのサービスの内容や価格等を比較検討の上、選択してください。

国の電子入札システムで利用しているICカードは使えますか?

国の電子入札システムで利用しているICカードの名義人が、各自治体の電子入札システムで利用可能なICカードの名義人と同一の場合、同じICカードを利用することができます。
ICカードの名義人についての取扱いは、各自治体により異なりますので、各自治体の運用基準を確認して下さい。

島根県の電子入札システムで利用しているICカードは、市町の電子入札に利用できますか?

島根県の電子入札システムで利用しているICカードの名義人が、市町の電子入札システムで利用可能なICカードの名義人と同一の場合、同じICカードを利用することができます。
ICカードの名義人についての取扱いは、各自治体により異なりますので、各自治体の運用基準を確認して下さい。

電子入札に参加する際、ICカードの申込はいつまでにすべきですか?

ICカードの申込から発行までの期間は認証局によって様々ですが、2週間以上かかるようですので、余裕を持って申込をしてください。

ICカードは1枚でいいですか?

1枚でも問題ありませんが、ICカードの紛失、破損等のリスクを考えると複数のICカードを購入された方がよろしいかと思います。同一内容のICカードを複数枚登録することが可能です。
それぞれのカードで利用者登録をしてください。

ICカード等を紛失し、再発行した場合には、どのようにしたらよいでしょうか?

再取得したICカードにて電子入札システムの利用者登録を行ってください。

ICカードの更新に伴って、認証局を変更しました。何か注意することはありますか?

複数の認証局を1台のパソコンにインストールすると、ほとんどの場合正常に動作しなくなります。そのため、同じパソコンを使用される場合には、一旦、旧認証局のソフト(ICカードリーダーのドライバも含む)を完全にアンインストールした後に、新認証局のソフトをインストールしてください。

複数のICカードを用意しましたが、認証局が違います。この場合、注意することは?

1台のパソコンに2つの認証局のソフトをインストールすると不具合が出る場合がありますので、認証局が違う場合には違うパソコンにソフトをインストールしてください。

(証明書の有効期限切れ間近/名義人変更/社名変更等の理由により)ICカードを再取得した。新しいICカードをシステムで利用できるようにするにはどうしたらよいでしょうか?

以下の2つの方法があります。状況に応じてどちらかで対応ください。

1.今まで使用していたICカードと新しく使用するICカードが同じ認証会社から発行されたものであり、どちらも電子証明書の有効期限内にある場合は、ICカード更新機能を利用してICカードの更新を行ってください。
2.今まで使用していたICカードの電子証明書の有効期限が切れていたり、既にお手元にない場合は、新しいICカードで利用者登録を行ってください。

工事と業務でそれぞれ登録番号が発行されていますが、1枚のICカードで両方とも利用者登録ができますか?

工事と業務では同一の電子入札システムを使うので1枚のICカードで各々の利用者登録を行うことはできません。
この場合はICカードを複数枚、用意して頂く必要があります。

物品と役務でそれぞれ登録番号が発行されていますが、1枚のICカードで両方とも利用者登録ができますか?

それぞれの登録番号を1枚のICカードで利用者登録を行うことはできません。ただし、発注機関によっては、片方のみ登録してあれば電子入札システムの利用を可としている場合もありますので、各発注機関へお問い合わせください。

戻る