Rubyロゴ このサイトはオープンソースソフトウェアのオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」を用いて構築されています。

 島根県では、平成21年度から、電子調達を導入することにしました。
 電子調達システムは、現在紙と手作業で行っている入札・開札業務並びにこれに関連する入札公告、指名、参加資格申請及び入札結果公表等の事務処理の電子化を目的とし、「入札情報サービス(PPI)」と「電子入札システム」で構成されます。(下図を参照)
 
 島根県の運用方針については、こちらをご覧ください。
 http://www.pref.shimane.lg.jp/johoseisaku/elg/dennsityoutatusisutemu/e-bidding.html
 

1.電子調達システムの概要

(1)電子入札システム
 入札参加資格を有する者が、ICカードの取得・利用者登録等を行うことにより、インターネットを利用して、電子入札を行うものです。
 電子認証を利用した本人確認等を行うことにより、インターネット上でのやり取りを安全に行うことができます。

電子入札システムイメージ

(2)入札情報サービス
 インターネットの接続環境があれば、誰でも入札情報の閲覧や資料の取得(ダウンロード)が可能です。

入札情報サービスイメージ

2.導入効果

 電子入札を導入することにより、以下の効果が期待できます。

 ・入札参加機会の拡大や入札参加費用の縮減
 (発注機関へ出向く必要がなくなるため、地理的・時間的な制約が解消され、移動経費等も縮減されます)
 ・入札の透明性や競争性の向上
 ・発注者の事務の効率化

3.導入計画

 電子入札の導入スケジュールや拡大計画については、自治体ごとに定めていますので、各自治体のホームページ等を参照してください。