Rubyロゴ このサイトはオープンソースソフトウェアのオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」を用いて構築されています。

●共同利用の概要

 島根県の電子調達は、県内市町村との共同利用を前提としたシステムです。
 市町村からは、下図のように「しまねイントラネットワーク」を通じて、電子調達システムにアクセスします。

●共同利用のメリット

(1)県市町村は、個別にシステムを開発する必要がなく、システム開発・運用費を抑制できます。
(2)入札参加者は、発注機関に関わらず、同一の機器と操作方法でシステムを利用できます。
(3)入札参加者は、県市町村の入札結果等の情報を、一つのホームページから入手できます。

●共同利用参加市町村

 H28年度現在、参加している市町村は、以下のとおりです。
 松江市・浜田市・出雲市・益田市・大田市・安来市・雲南市・奥出雲町・川本町・美郷町・邑南町・津和野町・吉賀町
 ※それぞれの運用方針等は、各自治体のホームページをご覧ください。

●利用者規約